物件を売買しよう

マンションを購入

同意を得て更新が行われる

志木市は埼玉県の南部に位置しており、東京圏のベッドタウンでもあります。志木市の人口は7万人ほどです。不動産の数も豊富なので、物件を探す際にも困らないでしょう。不動産の売買は他の取引と異なって、事前に契約をしておく必要がある特殊なものです。 なぜ契約が必要なのかというと、仲介で不動産を紹介することになるからです。 不動産の売買は、不動産会社と媒介契約を締結して物件を紹介してもらうことになるためそのための契約が必要です。 しかし、この契約に関して費用を支払う必要はありません。 媒介契約の費用は全て成功報酬であるため、実際に良い物件を紹介してもらうまではお金を支払う必要がないのです。 近年は、インターネットを利用して物件の情報を届けることも可能でより便利な機能が追加されています。 気になる物件がなければ無理に購入する必要は無く、同意をしなければその時点で契約の更新は切れることになるのです。志木市をはじめ、不動産会社の契約内容をきちんと把握してから契約を結びましょう。

契約費用を請求されても拒否する

仮に、媒介契約に関して不動産の売買契約が成立していないにも関わらず費用を請求されたときにはどのようにすれば良いのでしょうか。 この場合、費用は一切支払う必要は無くきちんと拒否の主張をしておくことが大切です。 そもそも、媒介契約には自動更新の決まりはありません。 媒介契約をするときにはお互いが納得と同意が必要であるため、一方通行的な契約の方法は法律的にも認められていないのです。 そのため、相手の不動産会社が媒介契約に関する費用について何か言ってきても全て拒否して構いません。 注意しなくてはいけないのは、これは全て不動産に関して言えることです。 会社による違いなどは存在しないので、相手の言うことを安易に受け入れないように気をつけておくことが大事です。